永遠無窮の創作庫

パソコンで色々やってみるブログです。自作小説、詩、TRPG、短歌、プログラミングなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録やFacebookページのいいね!をよろしくお願いします。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バケツプリン、決行。

前回の日記で書いたバケツプリン、日曜日に作って今日食べました。
22人ほどで食べたので、けっこう楽勝だった感じでした。

いやー、楽しかったです。
作る時も、6人ほどで作って、作り終えたあとは酒を飲んで。
作るときにいたメンバーの半分は食べる時来れなかった(体調不良や用事で)のが残念でしたが……。

まぁ、巨大な料理を作って食べる会は、またやりますしね。多分。
そっちに来てもらえたらいいな。

肝心のプリンですが、結局、プリンエル15箱と、牛乳6Lで作りました。
合計の重さが7kg弱? というところ。

まぁ、22人で食べればひとり300gちょっと。大きいプリンを一つ食べるくらいでしたがー。
もっと食べたかったという意見もみられたので、人数が多いってのもいいことばかりではありませんね。

次回は来月、お好み焼きの予定ですが、どうなるか分かりません。
食事系ってのは決めているんですが。今回がデザート系だったので。


とりあえず、今日はそんなところでした。
以上。
おわりー。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録やFacebookページのいいね!をよろしくお願いします。
[ 2011/05/25 23:54 ] 日記 | TB(-) | CM(-)

書くこと無いけど日記

お久しぶりでーす。最近あんまり調子よくない永無です。
Twitterもなかなか出来てないくらいだしなー。まぁ、それなりにはつぶやいていますが……。

さて、何の話をしようかな。巨大プリンの話でもしましょうか。

今度、巨大プリンを作ります。バケツプリン。
6.4リットルの牛乳を使用した、超巨大なプリンです。

なぜか、巨大プリンを作るのは今回で3度目です。
1回目は約3年前につくって、2回目は去年作って、3回目。

最初に作ったときは、6人で食べ始めて、8人で完食しました。
2回目は、何人だったか忘れたけど、10人くらい?で完食。
3回目の今回は、多分相当な人数来ると思うので、食べるのは楽だと思います。

1人1キロ程度のプリンって、食べるの相当大変ですからねー。
減らないし、甘いし、もう。
甘いもの大好きな私でも、ある程度食べたら、プリンもういいや、ってなります。

ですが、なぜかバケツプリンの話は好評で、たびたび作ることになるんですよね。
私も食べてみたい! って人が結構いて。
まぁ、楽しければいいんじゃない? という精神で動いているので、いいんですが。
楽しく食べられたらいいですよね。

決行は、来週の火曜日。次の日曜日に作る予定です。
今回も、上手く出来るといいなぁ。

というわけで、今日はこれくらいで。本当に書くこと無いんですよ……。
では、おわりー。
このエントリーをはてなブックマークに追加
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録やFacebookページのいいね!をよろしくお願いします。
[ 2011/05/16 23:53 ] 日記 | TB(-) | CM(-)

底辺SNS・某カロイド◎ぬっぽん!

あんまりぽんぽん投稿すると、前の日記や小説がすぐ流れてしまって嫌なんですが、書くことができたので更新してます。
あ、でも、小説の感想などはずっと大歓迎ですので、よろしければお願いします。

で。今日の話題はタイトルのとおり、ぬっぽん!
以前にも底辺SNSとして紹介したことがありますが、あれが移転したんです。

で、新規登録してきたので、そのことについての記事です。
とりあえず、新ぬっぽんのアドレスと私のマイページのアドレスを貼っときます。

新ぬっぽん

私のマイページ

左のプロフィールの下にもぬっぽんのアドレス貼っときました。TRPG SNSの下に。
マイぬぽは常時募集中ですので、お気軽に申請しちゃってください。

あとは書くことあったかなー?
とりあえず、たまーに日記は書くつもりです。面白いお題日記があった時とか。
こっちには書かない可能性もあるので、あっちでしか見れないかも知れません。まぁ、そんなすごいことは書きませんけどね。

まぁ、そんな感じです。
新ぬっぽんに移動したよーっていう記事でした。

おわりー。かな。
うん、おわりー。
このエントリーをはてなブックマークに追加
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録やFacebookページのいいね!をよろしくお願いします。
[ 2011/05/09 00:21 ] いろいろ紹介 | TB(-) | CM(-)

「夏の思い出」について、など。

掌編小説、夏の思い出、読んでいただけたでしょうか?
まだで、読んでもいいよーという方は、この記事の2つ前と1つ前の記事をお読みください。
10分もかからずに読める分量なので、読むのは簡単だと思います。めんどくさい設定とか一切無いし。

しかし、盛り上がりの全くない話を書きましたね(笑)
起承転結すらほとんどないというか。ただ、女の子と出会って遊んで別れる話です。
まぁ、今朝思いついてそのまま1時間ちょっとかけて書ききった話なので、そんなものかなとも思いますが……。

実は、このお話、書きたい話の一番初めの話だったりします。多分、一番初め……なはず。
誰も見ていないと思いますが、最初に公開した際には、物語のラストに、
「―― Mirai's Story Episode 1 Fin.」
というものを付けていたんです。

英語に自信がなかったのと、わざわざ書く必要がないか、と思ったので消しましたが。
この話は、“未来”の話の1つ目という位置づけです。
未来と書いてみらいと読むのか、みくと読むのかは迷っているんですけどね。みらい、かな。

その名が示すとおり、ではありませんが、このお話は、ずいぶん未来のおはなしです。
具体的に言うと2180年くらいかもうすこし先の未来のお話。
実は、もうこのお話に出てきたような自然のほうが珍しいという設定です。匂わせもしませんでしたが。
まぁ、今でも、田舎に行かないとこんな自然ありませんしね。田舎に行けばあるけど。

他にも隠し設定やその後の話は色々と考えてあるんですが、まぁ、ここで言うのも何なので、また書きたいと思います。
書ききれるといいんですけどね……。
頑張ります。

えーっと、書くことは書いたかな?
あ、わざわざ小説を2つに分けた理由は、長かったからです。
1つにするには長すぎて、追記のところに後半を入れるというのも考えたんですが、それもなぁと思って。
原稿用紙7枚程度の短い話なんですけどねー。

4行縛りは何となくです。最初と最後以外は4行で一セットになっていますが、これはちょっぴりノベルゲームとかを意識しました。
横幅も、ブログの幅からでないようにちょっと修正しましたし。
まぁ、どうでもいいところなんですけどね。

ま、そんなところです。
感想など、気が向いたら書いていただけると嬉しいです。
ここのコメント欄か、拍手コメントかなにかで。小説自体のコメント欄でもいいです。

では、以上。
おわりー。
このエントリーをはてなブックマークに追加
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録やFacebookページのいいね!をよろしくお願いします。
[ 2011/05/08 20:12 ] 日記 | TB(-) | CM(-)

夏の思い出 その2

 学校の裏手には、ちょっとした林があって、次はそこに行った。
 林には僕らの秘密基地があった。
 今となっては笑ってしまうくらいちゃちな物だが、その時は真剣だった。
 目印の木のそばにある秘密基地のそばで、三人で喋った。

 秘密基地には、僕らが見つけたきれいな石や変な形の木が集めてあった。
 その中でも一番のお気に入りだった石を、未来にあげた。
 友達も、気に入っていた石をあげていた。
 その時の石には名前を付けていたんだけど、何だったかは覚えていない。

 秘密基地で、僕らはちょっと遅いごはんを食べた。
 三人ともお弁当を持っていたので、それを食べた。
 ちょっと交換したりもした。とても楽しかったのを覚えている。
 ごはんの中身は全然覚えていないけど。

 次に、川に行った。
 そんなに大きい川じゃないけど、僕らはよくそこで泳いだ。
 その日は未来もいたし泳がなかったけど、ちょっぴり川に入ったりはした。
 冷たいね、と笑う彼女の姿に、少しだけドキドキした。

 川に入った他には、石を投げたり、草で船を作ったりして遊んだ。
 何をやっても未来は楽しそうで、僕らもとても楽しかった。
 その時はなんとも思わなかったけど、ほんとうに楽しかった。
 そして、川を下っていった。

 川を下ると、海に出る。
 海に出て、海沿いを少し進むと、自然のプールみたいなところがある。
 そこには、イソギンチャクとか、海藻とか、よく分からないものがいた。
 未来はやっぱり、珍しがっていた。笑っていた。

 海でも、たくさん遊んだ。
 プールみたいなところでも、その先の砂浜でも遊んだ。
 砂浜では、ダムを作った。穴を掘って、波に壊されないように堤防を作って。
 ビーチボールも持っていたので、それでも遊んだ。

 そして、夕方になった。
 彼女は携帯を取り出すと、さっとメールのチェックをして、言った。
「そろそろ帰らなきゃ。駅まで行かないと」
 お別れは近づいていた。

 駅までの道のり、三人は無言だった。
 もう話すことがないというわけではなかったが、無言だった。
 もったいないことをしたようにも思うし、しかたがなかったのだとも思う。
 三人で、ただただ歩いた。

 そして、駅についた。ひぐらしが鳴いていた。
 三人の中に、言葉はなかった。
 言いたいことはたくさんあったが、言い出せなかった。
 そして、未来が口を開いた。

「今日はいろんなところに連れていってくれて、ありがとう。
 ほんとうに楽しかった。
 きっと私、あなたたちのことずっと覚えてる。
 どれだけ多くの人と会ったって、絶対、忘れないから」

 そのあと、僕はなんて言ったか覚えていない。
 一言二言、話して、未来はホームへ向かった。
 それが、最後だった。それ以来、彼女とは会っていない。
 名前と住む街しか知らない。連絡先も知らないのだ。

 夏は続く。その夏は特に暑さが続いて、夏が長い年だった。
 でも、僕の中で、僕らの中で何かが始まって、終わった。
 そんな一日だった。
 たった一人の女の子と会った、それだけだが、大切な一日だった。

 大切な、思い出。夏の思い出。
 僕にとっても、友達にとっても、そして多分、彼女にとっても。
 楽しかった子どもの頃の、大切な、大切な思い出。
 僕は忘れることはないだろう。


 いつまでも。
このエントリーをはてなブックマークに追加
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録やFacebookページのいいね!をよろしくお願いします。
[ 2011/05/08 07:57 ] 小説 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

永無(忘年会P)

Author:永無(忘年会P)
永無です。ニコニコ動画では忘年会Pという名前を使用しています。
このブログでは、広く浅く、いろんな事に挑戦し、記事にしています。

ゲームを作ろう、小説を書こう、と、日々思いつつやってません。
アイデアだけが溜まっていく毎日です。

どうすればより面白いブログになるのか、試行錯誤中です。
よろしくお願いします。

興味があること:
動画作成,ゲーム作成,小説書き,
詩作,UTAU,MMD,TRPG,短歌,合唱,
将棋,麻雀,読書,X)HTML,CSS,
PHP,Javascript,ActionScript,
C++,HSP,Java



この日記のはてなブックマーク数

作った動画:mylist/22266195
TRPG SNS
ぬっぽん
うたのわ
永遠無窮の本棚(はてなブログ)
永遠無窮のメモ帳(Tumblr)

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
Twitter

Twitter < > Reload

ブログランキング
人気記事
ブログパーツ

フィードメーター - 永遠無窮の創作庫



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。