永遠無窮の創作庫

パソコンで色々やってみるブログです。自作小説、詩、TRPG、短歌、プログラミングなど。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録やFacebookページのいいね!をよろしくお願いします。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トラックバック送信失敗? トラックバック承認制の可能性。

トラックバック、使ってますか?
私は最近よく送ります。永無です。

昨日の「はてブで取り上げられる方法を書いたブログはその多くが閉鎖していることに気がついた」の記事の追記で、

追記:
トラックバックが送れない!? と、何度もトラックバックを送ってしまいましたが、認証制にしている可能性があるというのを知りませんでした。
2件のブログ様にトラックバック申請を複数回送信してしまった可能性があります。
もしそうなっていたら、大変申し訳ありませんでした。
次からは気を付けようと思います。


と、書きました。

今回はトラックバックの承認制のことについて書きたいと思います。

そもそもトラックバックとは


まず、トラックバックについての説明を少ししておきましょうか。
と言っても、Wikipediaに任せますが。

Wikipediaのトラックバックの記事より、

トラックバック(Trackback)とは、ブログの主要機能の一つ。ある他人のブログの記事に自身のブログへのリンクを作成する機能のこと。

だそうです。

トラックバックについての説明はちょっと難しいので、Wikipediaを見てください。
とりあえず、相手からのリンクを貼らせる仕組みだと分かってもらえればいいです。

トラックバックできない!?


昨日の私の混乱の原因は、まず、トラックバックができないと思い込んだところから始まります。

まず、昨日の記事を書いた時、FC2ブログ1件と、はてなダイアリー2件に同時にトラックバックを送信しました。
送信後にトラックバック先のブログを見に行った所、FC2ブログではトラックバックを確認でき、はてなダイアリー2件ではトラックバックが確認できませんでした。

そこで、FC2ブログではトラックバックできたが、はてなダイアリーではトラックバック失敗した、と思い込んだのです。

トラックバック失敗と思い込んだわけ


トラックバックが出来なかった時、まず私は検索をかけました。
はてなダイアリー トラックバック 失敗、といった風に。

そして、この記事に行き着きました。
「はてなダイアリー」にトラックバックするコツ

はてなダイアリーへのトラックバックは失敗する可能性がある、ということを知り、これだ! と飛びついたのが失敗だった気がします。
あ、この書き方だとこのブログが悪いんだ! と言っているようにも取れる気がしますが、そういうわけではないのです。
失敗の可能性も確かにあるわけですから、記事は悪くありません。失敗だと思い込んだ、私の責任です。

トラックバック連打


そして、ここからの行動がまた悪かったのです。
トラックバック失敗したと思い込んだ後、いろいろ調べた結果、トラックバックはたまに成功する時がある、という言葉を目にしました。
そこで、何度か試してみよう、と思いました。

そして、トラックバックを試す→失敗→試す→失敗→試す→……
という、負の連鎖に陥っていったのです。

もう一つの可能性


そして、どれだけやっても成功せず、やはり無理なのか、と思いながら他の情報がないかと調べていた時、ある一つの言葉を目にします。
「承認制」という言葉です。

コメント承認制については知っていました。
炎上防止やスパムを避けるために、ある仕組みだと認識していました。

しかし、トラックバックにもあるとは思っていませんでした。というか、承認制という言葉を思いつきもしていませんでした。
で、この言葉を目にした時、私の中で「やばい」という思いが駆け巡ります。

トラックバックに失敗していたのではなく、トラックバック申請を送り続けていたのではないか、と思い当たったのです。


やばいと思ってからは素早く行動したつもりですが、時すでに遅し、送ってしまった申請は取り消せません。
追記という形で、謝罪文をアップするしかありませんでした。
相手方のブログコメントやメールで説明するというのも考えましたが、大量に申請された後に直接来られたら嫌かなと思ったのと、怖かったり恥ずかしかったりで、しませんでした。

今回の件で学んだこと


トラックバックを送るのは、1回にしておいたほうがいいということ。
トラックバックなどのような、送った後はこちらからはどうしようもないような仕組みを利用する際は、特に注意が必要なこと。
古い情報に飛びつかないようにすること。

を、学びました。

今回の件も、もしかしたら取り越し苦労かもしれません。
トラックバック承認制にしていたわけでなく、単純に失敗していた可能性も捨て切れないからです。

しかし、もしも大量にトラックバック申請を送ってしまっていたら。それはもうスパム行為ですよね。
やられて気持ちのいいものではありません。
やはり、注意が必要であることにはかわりがないと思います。

もう二度と同じ事を繰り返さないため。
また、トラックバック失敗? と思って同じ事をしてしまう人が減ればいいなという思いも込めて、記事にしました。
「トラックバック 失敗 はてなダイアリー FC2ブログ」、このへんの単語で検索に引っかかるようになればいいんですけどね。
難しいかな。



とりあえず、今回の件はそんな感じです。
トラックバックは怖い、とは思いませんが、思い込みは怖いなという話でした。

もし今回の件で迷惑を掛けた方がいたら、本当にすみませんでした。


みなさんも、お気をつけ下さい。
って、こんなミスしないかな。



では、今回はこのへんで。
おわりー。
http://eienmukyu.com/2012/02/trackback-recognition/ このエントリーをはてなブックマークに追加
初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録やFacebookページのいいね!をよろしくお願いします。
[ 2012/02/04 22:21 ] 雑文 | TB(-) | CM(-)
プロフィール

永無(忘年会P)

Author:永無(忘年会P)
永無です。ニコニコ動画では忘年会Pという名前を使用しています。
このブログでは、広く浅く、いろんな事に挑戦し、記事にしています。

ゲームを作ろう、小説を書こう、と、日々思いつつやってません。
アイデアだけが溜まっていく毎日です。

どうすればより面白いブログになるのか、試行錯誤中です。
よろしくお願いします。

興味があること:
動画作成,ゲーム作成,小説書き,
詩作,UTAU,MMD,TRPG,短歌,合唱,
将棋,麻雀,読書,X)HTML,CSS,
PHP,Javascript,ActionScript,
C++,HSP,Java



この日記のはてなブックマーク数

作った動画:mylist/22266195
TRPG SNS
ぬっぽん
うたのわ
永遠無窮の本棚(はてなブログ)
永遠無窮のメモ帳(Tumblr)

最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
Twitter

Twitter < > Reload

ブログランキング
人気記事
ブログパーツ

フィードメーター - 永遠無窮の創作庫



ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。